すはかりママの脳内メモ

韓国在住2児の子育て中のすはかりママ。日々の出来事や気になったことをブログにメモしていきます。

MENU

【基礎知識】バターとマーガリンの話し。原料・保存方法・カロリー

 

4月9日にブログで公開していた【材料がたった3つの簡単クッキー】のレシピをクックパッドで公開しました。

 

cookpad.com

 

ブログでも書いていたのですが、このクッキー意外と好評で姪がバレンタインの時期になるとレシピを毎年聞いてきます。

 

娘の公演で長時間の外出時、たまたま焼いて持参したクッキーが好評ですぐに無くなってしまいました。

 

私はお煎餅など、とにかくハードな食感の物が大好き。ガリガリ…ボリボリ…

 

焼き上げるときに20分ほど焼くのですが、結構ハードに仕上がります。

 

試しに作ってみてくださいね!生地は棒状にして冷凍していれば、食べたい時に切って焼くだけ!なんだか、できる人っぽいでしょ!? ⇦ めちゃ簡単なのにw

 

 

 

ところでこのレシピ、材料は ①小麦粉  ②砂糖  ③バターかマーガリ

 

適当でやっちゃうのが すはかり流 なのですが、バターとマーガリンの違いってご存じですか?改めて聞かれると戸惑いませんか?

f:id:suhakarifamily:20200413215654j:plain

 

【バターとマーガリンの違い】

 

 

 

【バターとマーガリンの違いとは】

 

バターは牛乳から、マーガリンは植物性・動物性の油脂から作られており、風味や形状に違いがあります。優れた風味のバターは料理やお菓子づくりに欠かせないものである一方、マーガリン類にはあっさりした味わいがあり、サンドイッチなど他の食材とあわせるのに便利です。両者のよいところをあわせたバター入りマーガリンもあります。

 

比較項目 バター マーガリ
原料 牛乳 植物性・動物性の油脂
形状 冷やすと固くなる。室温の状態は柔らかいが、温めると溶ける。 柔らかくなめらか。パンに塗りやすい。生地に練りこみやすい。
バリエーション 風味がさらによい発酵バターやお菓子用の無塩タイプなど カロリーハーフ、ガーリックなどの風味つき、お菓子用の無塩タイプなど
冷凍保存 おすすめしない(食感が悪くなります) 可能
価格 マーガリンより高価なことが多い バターより安価なことが多い

クックパッド参照)

 

バターは乳脂肪で、マーガリンは植物油脂

 

乳脂肪は飽和脂肪酸が多く、植物油脂は不飽和脂肪酸が多い。

 

f:id:suhakarifamily:20200413222438g:plain

(味覚ステーション参照)

https://mikakukyokai.net/2015/03/04/butter/

 

味覚ステーションさんの記事に詳しく掲載されていますが、バターとマーガリンでは乳脂肪からできているか、他の油から出来ているか「原料」が基本的に異なります。

 

飽和脂肪酸が多いという事は融点が高くなり、常温で個体になる。⇨ バター

不飽和脂肪酸が多いと融点は低くなり、常温で液体となります。⇨ マーガリン(?)

 

 

あれ?マーガリンって、液体じゃないですよね???

 

 

マーガリンは植物油脂から出来ていますが、液体ではないですね。

 

そうなんです。マーガリンは不飽和脂肪酸に水素添加して形を変えてしまっているんです。水素添加することで、融点が高くなり固まりやすくしているんです。

 

しかし、水素添加することでトランス脂肪酸が出来やすくなってしまうそうです。

 

f:id:suhakarifamily:20200413224329j:plain

トランス脂肪酸って何だろう?】

 

トランス脂肪酸は取りすぎると健康への悪影響が注目されています。

 

摂取量が多い場合、血中LDLコレストロール(悪玉コレステロール)が増えてしまいます。そして、残念なことにHDLコレステロール(善玉コレステロール)が減ってしまいます。

 

トランス脂肪酸を取りすぎると、少ない場合と比較して心臓病のリスクを高めてしまうそうです。

 

それを聞いてしまうと お値段が高くなっても、風味も味も良い乳脂肪から出来ているバターの方が良いのかな…と思いませんか?

 

で・す・が!

 

日本人は欧米人と比較してトランス脂肪酸の摂取が半分以下しか摂取していません。トランス脂肪酸の悪影響を示す論文のほとんどが欧米人を対象にしているそうです。)

 

更に、トランス脂肪酸の悪影響を低減するリノール酸を、日本人はトランス脂肪酸の7倍ほど摂取しているとの事。だから、あまり気にする必要はないみたいです。

 

f:id:suhakarifamily:20200413230025j:plain

 

私が韓国でいつも使っているマーガリン。

 

『 I cant believe it's not Butter!』

-バターじゃないなんて信じられない!ー

 

(わたしも、これが商品名だなんて信じられない!www)

 

バター風味だけど、冷やしても固まらず扱いやすくて冷蔵庫に常備しています。

 

韓国のマートでよく見かけるんですが、私はいつもコストコで買っていますよ♪

 

日本のコストコでも売っているかな?と思って検索してみましたが、残念ながら売っていない様です。これ、美味しいし扱いやすいので日本で売ってたらお勧めだったのですが^^

 

私のクッキーの材料からの疑問、「バター」と「マーガリン」の違い分かりましたか?

 

 

 

【カロリー比較】

 

ちなみにバターとマーガリンではカロリーどちらが高いでしょうか!?

(答え) どちらもほとんど変わりません。

 

意外じゃないですか?私はバターの方が高カロリーかと思っていました。笑

 

どちらも油なので、カロリーはどうしても高め。取りすぎず、ほどほどに摂取することをお勧めします。⇦ でも、美味しいですよねぇ~

 

 

 

【保存方法と保存期間】

 

冷蔵保存の場合、バターは約6ヶ月・マーガリンは約6~10ヶ月。

 

開封後バターは2週間が限度ですが、マーガリンは1ヶ月は美味しく食べることが出来ます。

 

劣化の早いバターは小分けにして冷凍保存が可能。

 

マーガリンは冷凍保存してしまうと分離してしまうので、冷蔵保存で使い切りましょうね♡

 

 

 

 


育児ランキング

  にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村